News
髪が薄い男性

大きな対象者は遺伝になります。
親が薄毛であれば、その子供もその確率が高くなります。
また隔世遺伝として現れることもあります。
おじいちゃんが薄毛で孫がその対象になることもありますので、親が薄毛ではないからといって安心すると、突然来ることもありますので油断は禁物です。
また生活習慣が悪いとAGAになる可能性が高まります。
男性ホルモンは男性だけではなく、女性にも微量に分泌されており、そうみれば誰でもAGA型の薄毛になる可能性があります。
薄毛を促進させる男性ホルモンは酵素と結びつかないと産生されません。
その酵素は体質が生活習慣が悪化することで増えることもあり、そうなると薄毛になる可能性もあります。
誰でもその対象者になりうることを理解することが大切です。

AGAの症状を感じたときに一番何が大切なのかというと、親や生活環境が悪いことを恨んだりすることではなく、早めに対策を練ることです。
対策が早ければそれだけ改善する可能性も高くなり、抜け毛を食い止めやすくなります。
一般的に言われているのは、発毛が必要なレベルである頭皮が透けている状態から回復するよりも、抜け毛が多くなっていることを確認したときに治療を開始することで、治療による満足度が変わります。
よって早めに治療を開始することが重要です。
明らかに頭髪の量が少なくなってから発毛剤も用いたAGA治療をするとなると、難易度も高くなります。
プロペシアのジェネリックであるエフペシア等のAGA治療薬を使う場合も同様です。
毎朝のセットのとき、枕に落ちている本数、シャンプーに紛れている頭髪の量などをよく観察して、自分がAGAの可能性であることを早めに察知するようにしましょう。
それができる人ほど改善する可能性が高くなり、治療もスムーズに運ぶことが多いです。