• ホーム
  • AGAによく効く薬はあるの?

AGAによく効く薬はあるの?

髪の毛に関して落ち込む男性

AGAというのは男性型脱毛症のことで、男性によくみられる特徴的な薄毛の症状です。
男性の場合は成人になったばかりといった若い年齢であってもAGAになることがあります。
これは頭頂部の髪の毛が徐々に抜けて薄くなってきたり、前髪の生え際の髪の毛が徐々に抜けて薄くなってくるといった症状です。
AGAは一気に抜けてしまうということはあまりなく、時間をかけて抜けてしまうといった感じなのですが、気づいた時にはかなり進行してしまっていることが多いのです。
AGAの原因としては男性ホルモンや生活環境の変化が原因とも言われています。
これらを起因にしてヘアサイクルが乱れてしまうために髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。
ヘアサイクルというのは通常であれば4年から6年といった感覚で髪の毛は成長をして抜けていくというサイクルを繰り返しているのです。
成長している期間が長ければ長いほど太く強い髪の毛が育ちます。
しかしその期間が短くなってくると細く弱い髪の毛となり早く抜けてしまうことになります。
AGAを治療するためにはこのヘアサイクルを正常に戻してあげなければなりません。
男性ホルモンや生活環境の変化によって毛根への血行不良や頭皮の汚れが発生することになります。
AGAはこれらを改善することが必要となり、ヘアケアを行うための薬も出ています。
その症状にあった薬をつかうことで効果があります。
AGAはヘアサイクルを考えてもわかるように髪の毛が生えてくるにはとても時間がかかるということなのです。
そのため薬をつかってもすぐに効果が出るということではなく、時間がかかるということを十分に認識して使用し続けることが大切なのです。
使い続けることで必ず変化が出てきます。