AGAは早めの対策が肝心?

櫛を持っている男性

もしも薄毛に見舞われ場合には、早めにその原因を特定し、しかるべき対策を打つことが大切です。
薄毛の原因としては頭皮が不衛生に陥り皮脂やゴミや毛穴詰まりを起こしたり、あるいは頭皮の血行が悪化して栄養分の吸収が困難になるなどが知られますが、最近特に注目を集めているものとしてAGAという病気があります。
もしもAGAを発病したなら、頭皮ケアや血行促進をおこなっても薄毛を改善することはできません。
早めにクリニックを受診して治療薬を服用することが大切となります。
このAGAのメカニズムとしては男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が互いに反応しDHTという物質を作り出すことから派生します。
AGAに見舞われると頭髪の毛乳頭が持つ感知機能が敏感になり、このDHTを察知するとすぐに栄養分の補給を鈍らせ、毛母細胞の細胞分裂をストップさせ、頭髪の成長サイクルを大きく乱します。
こうして頭髪の抜け毛が起こり、さらに新たな毛が生えにくい状態となってしまうのです。
AGA治療では飲み薬や塗り薬によってこうした発症のメカニズムを改善し、成長サイクルを正常化へと導きます。
この症状を発症してまだ間もないタイミングであれば飲み薬や塗り薬がすぐに浸透して、より良い効果を生むことが可能です。
もしもAGAの可能性に気づきながらもそのまま放置してしまったならば、頭髪は完全に成長サイクルを乱してしまい、それが常態化してしまい、後日に薬を使い始めてもその効果が出るまでに長い月日がかかる場合もあります。
また、AGAが進行すると頭髪の根元にある毛包という部分が徐々に縮小していき、機能的にも衰えが見え始めます。
最終的にこの毛包が消滅してしまうとここから再び毛が生え始める可能性がついえてしまい、AGAの治療薬を使っても改善することが困難になります。
こうした理由ゆえに早期に対策を打つことが大切なのです。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ